control^ + shift⇧ + J が効かない!

Mac

Macには非常にたくさんのキーボードショートカットが用意されています。以前にも3回ほどに分けて主だったショートカットを当ブログでも掲載しました。

サクサク・キーボードショートカット:その1
むかーしむかしはコンピュータもキーボードからコマンド文字列を打ち込んで操作していたものですが、いまはすっかりGUIになってしまって、マウスやトラックパッドなどのポインティングデバイスが必須になってしまいましたね。コマンド文字列を間違って、「...
サクサク・キーボードショートカット:その2
まったくひどい風邪にやられたもので、この1週間というもの、ろくに活動できていない。一度は復活かと思ったものの、再びダウンして、やっと週明けの今日活動が再開できたというわけで、いまだにグズグズと愚図ってはいるが、そうそう長期に渡ってじっとして...
サクサク・キーボードショートカット:その3
以前、全体に関するキーボードショートカットとMicrosoft Excelのキーボードショートカットをエントリーしましたが、今回は毎日必ず使うといっても過言ではない、日本語入力に関するキーボードショートカットを調べてみました。 日本語...

さて最近おニューのMacで私を悩ませていたのが、タイトル通りの日本語変換に一髪で切り替えるためのショートカットである

  • control^ + shift⇧ + J(ひらがなモード)
  • control^ + shift⇧ + K(カタカナモード)
  • control^ + shift⇧ + ;(英字モード)

(USキーボードでのショートカットキーアサインです)

が効かない!という問題でした。

一髪で入力モードが変わるシアワセ

ウェブサイトでフォーム入力などをしていると頻繁に出くわす「ふりがな」欄。これ、ひらがなの場合もカタカナの場合も両方存在します。ひらがなの場合は仕方ないので入力してからcontrol^ + Jでひらがな変換します。ライブ入力をオンにしているので。

でも最初からカタカナを入力することがわかっている場合は、後から強制的にカタカナに変換するより、はじめからカタカナで入力したほうが効率がいいんです。確かにちょっとしたことですし、ふりがな程度ですから高々7〜8文字の話なんですが、後から変換は美しくないんですね。

英字の場合ももちろん最近は「らいぶらりー」って打って変換すれば「library」って出てきますよ。でもね、「library」は出てきますけど「Library」は出てこないんですよ。boyとかBOYは出ますけど、Boyは出ないんですよ。いや、もちろんboyと入力してからマウスで単語を選択してコンテキストメニューを表示してから「変換」〜「語頭のみ大文字」に変換すればできますよ。

…おわかりですね。美しくないんですよ。そう、華麗に最初から頭の中のイメージ通りに入力するのが一番美しいでしょ。シアワセでしょ、って話です。

なんでショートカットが効かないの?

これまで何台かのMacを使い続けてきた私です。常に入力モードの切り替えはcontrol^ + shift⇧ + (英字)の一点張りでしたのに、なんでか新しいCatalina君ではそれが効かない!なんで?なんで?このショートカットは無くなってしまったの?

ひと月ばかり仕方なくcontrol^ + スペースで切り替えておりましたが、ついに先日原因を発見してしまいました。

なんじゃそれは!って結末

なんで効かなかったのか。その原因は

日本語の入力モードに「ひらがな」だけしか指定していなかったから。

これですわ。

日本語の入力モードは「ひらがな」だけ。ゆえに切替のショートカットも効かない。なんとシンプルで明快なことだったのでしょう。悔しいけど美しい!

ちなみにMacのキーボードショートカットについては、当然のことながら本家本元の公式サイトが最高に詳しい。

Mac のキーボードショートカット
特定のキーを組み合わせて押すだけで、通常ならマウスやトラックパッドなどの入力デバイスが必要な操作を実行できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました