Final Cut Pro+αで簡単にYouTubeの目次を作成する

Mac

書き出しできなかったチャプターマーカー一覧

YouTubeにはとても優秀なチャプター機能が備わっている。この機能を利用しないではない。
このチャプター機能とはどういうものかというと、 動画の概要欄にタイムスタンプと見出しをテキストで記入しておくと、動画のシークバーにそれがサムネイルとともに表示されると言う機能だ。

YouTube動画の概要欄にこのようにタイムスタンプと見出しを記入する。形式はただのテキストである。 タイムスタンプ部分が青色のリンク表示になっている。もちろんクリックすると動画のその部分にジャンプする。
マウスカーソルを動画の上にポイントしたときに表示されるシークバーは、 チャプターごとに区切られチャプターにカーソルを持っていくとサムネイル画像と見出しが表示される。

記入するのはただのテキストなので youTubeの概要欄に設定すること自体はいたって簡単なのだが、記入するテキストを作成するには、これまで簡単にはいかなかった。

Final Cut Pro Xでチャプターマーカーを打てば、チャプターマーカーの一覧を表示できる。 ただ、この一覧をテキストで書き出すという機能がFinal Cut Pro Xに存在しない。

CommandPost で CSV書き出しが可能になった

そんな時彗星のごとく登場したのがCommandPostというアプリである。

CommandPost

このアプリはFinal Cutの 隠された様々な機能を引き出すアプリである。また隠された機能だけではなくちょっと便利な機能を追加もしてくれる。 さらにルーペデックやツアーボックスなど様々な左手ガジェットにも対応している。

興味のある人はフリーウェアなのでダウンロードしてインストールしてみると良い。

このCommandPostにマーカーをCSVとして書き出す機能があった。この機能を利用してCSVで書き出したものをYouTubeの概要欄に貼り付ける形式にテキスト整形すればよい。

解説動画

【超絶簡単】Final Cut Pro で超絶簡単に目次・チャプターを作る方法【必見】

動画目次

00:00 オープニング
00:23 イントロ
03:08 今までの目次の作り方
04:35 改善した超簡単な方法
07:12 アウトロ

リンクなど

CotEditor
Text Editor for macOS

正規表現での検索・置換文字列

検索文字列

^"(.+)","[0-9][0-9]:([0-9][0-9]:[0-9][0-9]):.+

置換文字列

$2 $1

コメント

タイトルとURLをコピーしました