iPadで Split View、Slide Over 対応のために画面サイズを取得する話

iPad

前回記事でSplit View、Slide Over には対応無しと割り切ったものの、やっぱり対応しなくっちゃと苦労したのでメモ。ちなみに前回記事はこちら。

回転を検出する必要はない

前回ではデバイスの回転をNortificationを使って検出していたが、これは必要ないことがわかった。デバイスの回転と言うよりは、デバイスの画面サイズが変更する時に走るfunctionがあった。

override func viewWillTransition(to size: CGSize, with coordinator: UIViewControllerTransitionCoordinator) {
}

画面サイズが正しく取れるのはすごくラク

先ほどのfunction では引数sizeに変更後のサイズが入ってくるので、

size.width
size.height

でそれぞれ幅と高さが入ってくるのですごく楽。

まったく難しい事なしに画面の大きさをもとにしたレイアウトを考えることができる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました