Yosemiteでフルスクリーンではなく、ウィンドウの最大化ができた

Yosemiteでフルスクリーンではなく、ウィンドウの最大化ができた



 

Yosemiteにアップグレードして、ウィンドウ操作の3つのボタンのうち、一番左端の緑色のボタンの役割が最大化から「フルスクリーン」に変更されました。

緑色のボタンはフルスクリーンになる

緑色のボタンはフルスクリーンになる

これまでの「最大化」という概念はMacからなくなってしまったのかと思い、この変更は私としては非常に気に食わなかったのですが、実は飛んだ早合点だったことがわかりました。
これまで(緑ボタンクリック)とは方法が異なりますが、これまで通りの「最大化」も可能でした。

システム環境設定の「Dock」の中の、「ウィンドウのタイトルバーをダブルクリックしてウィンドウをしまう」というチェックを外しておきます。Dock

これだけでウィンドウのタイトルバー部分をダブルクリックすると「最大化」できます。
ワークフローの比較

これでぴったりサイズにできます。

これでぴったりサイズにできます。