Windowsを使っていた人がMacを使う時の環境設定(その3)

Windowsを使っていた人がMacを使う時の環境設定(その3)


今日も引き続き、システム環境設定の第3回目です。システム環境設定ウィンドウの、4段あるうちの2、3段目ですが、あまりいじる必要がなかったり、Windows機でも同様のコントロールパネル項目があったり、特にポイントとなる点がなかったりするものも多いので、いくつかをピックアップしてみます。

キーボード

この設定項目には括【キーボード】と【キーボードショートカット】という2つの項目があります。まずは【キーボード】。

  • F1、F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用 … Macに付属のキーボードはWindowsでいうファンクションキーが、その名の通りMacの機能のいくつかを手軽におこなえるキーとして働きます。結果として、通常のアプリケーション側で割り振った機能を実行させるときには、Fn + F1などのように、Fnキーと併用することになります。これをまったく逆にしてしまうためのチェックです。チェックを入れると、音量を調整したり、画面輝度を調整したりするときにFnキーを併用しておこなうことになります。
  • メニューバーにキーボードビューアと文字ビューアを表示 … メニューバーの画面右のほうに表示されている「ことえり」のアイコンをクリックしてヒョジされるメニューに、【キーボードビューアを表示】、【文字ビューアを表示】という項目が入ります。普段あまり使わないメニューですので、チェックはお好みでいいと思います。

【キーボードショートカット】では、文字通りショートカットキーを自分で設定できます。

設定の仕方は、ショートカットキー表記している部分をダブルクリックしてから、任意のキーアサインを実際にキーボードで押します。
左側のメニューの「アプリケーション」と書いてある部分では、任意のアプリケーションを【+】ボタンをクリックしてから指定して、そのアプリのメニュー項目に対して、新たにショートカットキーを割り当てることができます。
とはいえ、あらかじめ指定されているキーも多くあり、実際にはバッティングしないように指定することはかなり難しいです。
下の【フルキーボードアクセス】という項目を「すべてのコントロール」にしておくと、Windows風にTABキーでコントロール間のアクティブ項目の移動が可能になります。これはデフォルトでは「テキストボックスとリストのみ」になっていますが、私も変更しています。この項目については過去に詳しく書いたことがありますので、そちらを参照してみてください。

iCloud


iCloudの同期項目を設定します。ここはiCloudを利用しているなら、下のふたつ以外はほぼチェックを入れておいて間違いないでしょう。iOS端末をお持ちならなおさらということになります。ただし、連絡先、カレンダーをGoogleで管理しているという人は注意が必要になってくることがあるかもです。

メール/連絡先/カレンダー


「メール/連絡先/カレンダー」とありますので、それだけかと思いがちですが、ここにはTwitterやFacebookのアカウントを登録できます。登録して何がおこるかというと、この通知エリア部分からツイートやFacebookの近況アップデートがおこなえたり、各所にある「共有ボタン」から投稿できたりということがおこなえます(ただし、OS X Mountain Lionでの話。)。

以上、2、3段目についてピックアップしてみました。少なかったですかね?
残るは4段目。この段は取り上げる項目が多そうです。頑張りましょう。