Windowsを使っていた人がMacを使う時の環境設定(その1) [entry-title]

先頃iPad miniが発表されました。Windows8の発売も控え、タブレット市場がアツくなってきそうですね。

そんな状況を尻目にマイペースにブログエントリーを更新していきます(笑)今回はシステム環境設定です。
システム環境設定はひとつひとつ見ていくことが少ないですが、案外ポイントとなる設定項目があったりするので要チェックです。結構Macを使っている人でも、気付きがあることもありますので、ぜひご自身のものと比べてみてください。

ひとくちにシステム環境設定といっても設定項目は多岐にわたっていますので、今回はシステム環境設定ウィンドウの一番上段の1列「パーソナル」とある部分についていくつかみていきましょう。

一般

ここは主にウィンドウやメニューについての設定をおこないます。

  • アビアランス … 書いてある説明の通りですが、ウィンドウに使用される色味を設定します。
  • 強調表示色 … ボタン類などのフォーカス、文字などの選択色です。
  • サイドバーのアイコンサイズ … Finderウィンドウの左側のサイドバーのアイコンサイズです。
  • スクロールバーの表示 … 標準ではスクロールの操作をした時だけスクロールバーが表示されます。上2つの違いがよくわかりませんね。
  • スクロールバーのクリック時 … スクロールバーの中途をクリックした時の挙動です。
  • 書類を閉じるときに変更内容を保持するかどうかを確認 … ここをチェックするとWindows的な動作になります。Mac的には閉じるときには自動的に保存しますので、多くのアプリで確認は出ません。Microsoft Officeのアプリでは、ここのチェックに関わらず保存ダイアログボックスが出現します。
  • アプリケーションを終了するときにウィンドウを閉じる … ここにチェックを入れるとウィンドウの復元機能が無効になります。便利なこともあるんですが、たいていは「なんだこりゃあっ。」ってなるので、私はチェックを入れて無効にしています。
  • 最近使った項目 … 表示する項目数です。ここで設定するのはアップルメニューに表示される項目数です。Windowsではスタートボタンのプロパティから同様の設定ができますね。
  • 使用可能な場合はLCDで滑らかな文字を使用 … フォントのアンチエイリアスの設定ですね。
  • 滑らかな文字を使用しないフォントサイズ … アンチエイリアス使用の下限フォントサイズを選択します。

この項目の隣にある「デスクトップとスクリーンセーバー」は割愛します。

Dock

ここはDockのサイズや動作を設定します。

  • サイズ … もちろんDockのサイズです。あまり大きすぎると作業領域を狭めてしまいます。私はできるだけ小さくするようにしています。Dockのアプリアイコンとスタックアイコンの境界線上にマウスポインターを持っていき、上下にドラッグすることでも大きさを調整できます。
  • 拡大 … マウスポインターをのせたときにDock上のアイコンを大きなサイズにしてくれます。スライダで拡大率を設定します。Dockのアプリアイコンとスタックアイコンの境界線上にマウスポインターを持っていき、右クリックして表示されるコンテキストメニューから拡大する/しないを選択できます。
  • 画面上の位置 … Dockの設置位置です。Windowsではタスクバーをドラッグで移動できますが、MacのDockはここで設定します。拡大と同じく、Dockのコンテキストメニューからも選択できます。
  • ウインドウをしまうときのエフェクト … ウィンドウをDockに格納するときのアニメーション効果の種類を選択できます。
  • ウインドウのタイトルバーをダブルクリックしてウインドウをしまう … Windowsマシン的な動作になります。
  • ウインドウをアプリケーションアイコンにしまう … 通常ウィンドウをDockに格納すると、スタックエリアに格納されますが、アプリケーションアイコンにしまわれるようになります。これもWindowsのタスクバー的な動作ですね。
  • 起動中のアプリケーションをアニメーションで表示 … アイコンをクリック(またはダブルクリック)して起動を命令してから、起動完了までの間、Dock上でアプリのアイコンがピョコピョコとアニメーションしますが、その効果のオン/オフです。
  • Dockを自動的に隠す/表示 … 通常はDockを隠しておき、マウスポインターを画面下限まで持ってきたときに、下から競り出てくるように設定できます。Windowsのタスクバーでも同様の設定がありますね。画面を広く使えるというメリットがあります。私もMacBook Proでは隠しています。
  • 起動済みのアプリケーションにインジケータ・ランプを表示 … Dock上のアイコンの下に起動中の印がつきます。つけておいた方がわかりやすいでしょう。

Mission Control

Mission Controlはドラックパッド上で4本指を上にスワイプするなどして、下のスクリーンショットのように表示される機能です。

  • Dashboardを操作スペースとして表示 … Mission Controlを表示したときに、上部の操作スペース(仮想デスクトップ)のひとつとしてDashboardが表示されます。
  • 最新の使用状況に基づいて操作スペースを自動的に並べ替える … 使用頻度に応じて操作スペースが並べ替えられます。作業内容ごとにスペースを割り振っている人は、順番が変わると頭がこんがらがってくるので、つねにデスクトップ1、2、3と並ぶように、チェックはオフにしておくことをオススメします。
  • アプリケーションの切り替えで、アプリケーションのウインドウが開いている操作スペースに移動 … 非アクティブになっているアプリをDockアイコンのクリックなどでアクティブにしたとき、そのアプリが現在とは別の操作スペースに開いていた場合、そこを表示するかどうかの設定です。
  • ウインドウをアプリケーションごとにグループ化 … 開いているウィンドウをアプリごとにまとめるか、ウィンドウをそれぞれ単体で表示するかの設定です。Safariなどでタブではなく、複数のウィンドウをよく開いて作業する人はグループ化しない方が切り替えやすいかもしれません。
  • キーボードとマウスのショートカット … ショートカットを選択し、登録することができます。
  • ホットコーナー … 画面の四隅にマウスポインターを持っていたときの動作を選択できます。この設定はスクリーンセーバーの設定の中でもできます。

ひとつひとつ書いていくと案外疲れてくるものですね…(笑)続きはまた次回にします。