iOS6の機種による機能制限

iOS6の機種による機能制限


手持ちのiPhone4をiOS6にアップデートして数日たちます。特にいつもと変わったことをしないせいか、まったく使い勝手が変わったという印象を持ちません。地図アプリを除いては…w
むしろ本当にアップデートしたのか疑ってしまうくらいです。地図アプリを除いては…。

もうかなり使い込んでいるので、使い方は決まってきているし、だいたい人間は習慣化してしまうと意識しておこなわない限り、違った動作が出て来ないものなんですね。アップデート後は意識して新しい機能を使うように心がけるべきなのかもしれません。

先日iPhoneで写真を撮っているときに、「パノラマ」ってみたい!と思って、カメラの「オプション」をタップしたのですが、見当たらず、「ああ、iPhone4ではできないんだ…。」と悟りました。そこで、ちょっと対応状況を調べてみました。

iOS6は、3GS以降のiPhone、第4世代以降のiPod touch、iPad 2と現行のiPadでつかうことができる。ただし以下のような制限がある。

1. ルート案内機能はiPhone 4S、iPhone 5、携帯電話データ通信機能を持つiPad 2以降でのみ利用できます。FlyoverはiPhone 4S、iPhone 5、iPad 2以降、iPod touch(第5世代)でのみ利用できます。携帯電話データ通信料がかかる場合があります。
2. SiriはiPhone 4S、iPhone 5、iPad(第3世代)、iPod touch(第5世代以降)で利用できます。インターネットアクセスが必要です。携帯電話データ通信料がかかる場合があります。
3. FaceTimeでのビデオ通話には、FaceTimeが搭載されたデバイス(発信者と受信者の両方)とWi-Fi接続が必要です。携帯電話ネットワークでFaceTimeを利用するには、iPhone 4S、iPhone 5、携帯電話データ通信機能を持つiPad(第3世代)が必要です。携帯電話ネットワークで利用できるかどうかは通信事業者のポリシーによって異なります。携帯電話データ通信料がかかる場合があります。
4. オフラインのリーディングリストは、iPhone 4以降、iPad 2以降で利用できます。
5. 「Made for iPhone」補聴器を利用するには、iPhone 4SまたはiPhone 5が必要です。
6. パノラマはiPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第5世代)で利用できます。
7. 「iPhoneを探す」および「友達を探す」機能を使ってiOSデバイスを探すことができるのは、この機能がオンになっており、登録されたWi-FiネットワークにiOSデバイスが接続されているか、有効なデータプラン契約がある場合のみです。

iCloudを利用するには、iOS 5以降を搭載したiPhone 3GS以降、またはiPod touch(第3世代以降)、iPad、OS X Lion以降を搭載したMac、Windows VistaまたはWindows 7を搭載したWindowsパソコン(Eメール、連絡先、カレンダーへのアクセスにはOutlook 2007または2010、または最新のブラウザ)が必要です。一部の機能にはiOS 6とOS X Mountain Lionが必要です。一部の機能にはWi-Fi接続が必要です。国によっては一部の機能を利用できない場合があります。一部のサービスへのアクセスは最大10台のデバイスに制限されます。
Major League Baseballの商標と著作権はMLB Advanced Media, L.P.の許可のもとで使用されています。All rights reserved.
Transamerica Pyramid BuildingはTransamerica Corporationの登録サービスマークです。
国や地域によっては一部の機能を利用できない場合があります。詳しいリストはこちらをクリックしてご覧ください。
Siriはベータ版で、iPhone 4S、iPhone 5、iPad(第3世代)、iPod touch(第5世代)のみで利用できます。インターネットアクセスが必要です。言語または地域によってはSiriを利用できない場合や、地域によって機能が異なる場合があります。携帯電話データ通信料がかかる場合があります。

この制限は詳しく説明されているところをあまり見かけませんが、旧機種を持っている私たちには結構重要な情報だと思います。Appleのサイトにも、下の方に小さな字で注釈として載っているだけなので、見落としがちです。