何となくデスク周りとデスクトップを晒してみる

何となくデスク周りとデスクトップを晒してみる


このところ当ブログの更新が滞っているにも関わらず、それほど書くべきネタがあるようにも思えず、かといって「更新しなければ!」という焦燥感去らず。

というわけで、苦し紛れにデスク周りとデスクトップを曝け出してみることにしました。

まずはデスクから。

左側にはメインで使っているiMacの27インチが見えます。ちなみに結構古くてLate 2009です。これでも私がするようなことには十分で、気に入って使ってます。
右側にはサブディスプレイとして昔のVAIOについていた15インチのモニターがあります。このサブにはTwitterクライアントやリマインダー、カレンダーなどを表示しています。
2つのモニターの間に見えるのは、この時期必需品のUSB扇風機です。冷房未使用時は扇風機として、冷房使用時はサーキュレーターとして活躍します。その手前のステンレスカップはアイスコーヒーが入っています。カフェイン中毒なのでこれも必需品です。
キーボードはiMacに付属のBluetoothキーボードです。テンキーがないとたくさんの数字を入力するときに不便なので、USB接続のテンキーを使っています。本当はテンキー付きの純正キーボードが欲しかった…。テンキーがあると、OS Xに付属の計算機アプリが普通に計算機として使えますので、やっぱりあると便利です。ポインティングデバイスは、写真に写っていませんが、MagicTrackpadです。マルチタッチのジェスチャーが使えないととても不便です。MagicMouseではやはりジェスチャーに限界がありますね。

デスクの後ろを振り返ると、iMac G5がポロンと転がっていたりします。

これは頂き物で、OS Xは頑張ってLeopardが入っていたりします。これはこれでデザインも好きです。どう使っていくかはただ今思案中です。

iMacのデスクトップはこんな感じです。

あまり壁紙などに凝るたちではありませんので、基本的にはOSに付属しているものを使っています。デスクトップは3面使っています。このスクリーンショットは1面目です。3面あるので、切り替えたときにわかりやすいように壁紙はそれぞれ変えてあります。
デスクトップにアイコンをたくさん置くのは好きではないので、現在作業中のファイルだけ置くように心がけています。ここではこの記事に使う写真が置いてありますが、この記事をアップしたらこれらのファイルもゴミ箱行きになります。
Dockは小さく表示しておいて、マウスをポイントしたときに拡大しています。Dockもあまり最初の状態から変更するのは避けています。
基本的にデフォルトの状態からあまり変更せずに使うことにしています。というのは、あまりいじくってしまうと、マシンを乗り換えたときに、その状態にするのが大変手間と時間がかかってしまうからです。
今の自分の環境でいうと、もしもこの次に新しいマシンを買っても、環境設定でフルキーボードアクセス、MagicTrackpadでジェスチャーを設定、Dockにいくつかのアプリを追加すれば済んでしまいます。マシン購入後は他にたくさんやることがあるので、余計なことにはあまり時間をかけたくないのです。
そんなわけでできるだけシンプルに使うことを心がけています。