温故知新:スティッキーズを見直してみた [entry-title]

どんなMacにも最初から入っているアプリというものがある。OS標準で付属してくるアプリ。何となくオマケのような印象を持って、詳しく知らないことも多く、思いっきり使い込んで有効活用している人はあまりいないのではないだろうか。

スティッキーズはそんなアプリの中でも、最初期のMacから連綿と受け継がれてきたアプリのひとつで、比較的使っている人も多いもののひとつだろう。

私は最近自分で商売を始めて、ようやくチラホラとお客様がつくようになってきて、やらなければいけないことも増えてきた。そこでコンピュータを使ってするべきことは、Macのデスクトップに書き込んでおくようにするのが一番良かろうと思い、スティッキーズを見直してみたところ、これが意外に使えるアプリであらためて驚いたので記念エントリーしておこう。

スティッキーズは言わずと知れた付箋(スティッキーズでは「メモ」と表記されている。)アプリである。使い方はごくごくシンプルで、メモ書きを記入しておくだけ。メモの色(紙の付箋でいうと紙の色。)もカラーメニューから変更することができるので、自分なりのメモ内容の分類も可能。メモをデスクトップ上で移動させるには、メモの一番上の色が濃くなっている部分をドラッグする。
新しいメモは、スティッキーズがアクティブになっている状態で、command ⌘Nを押すと追加される。
いらなくなったメモは、command ⌘Wで削除される。テキストファイルとしてメモを保存しておくこともできる。保存はテキストファイルとなるが、メモ自体はリッチテキストとして編集可能で、画像の埋め込みも可能だ。

基本的な使い方は、上記のように超シンプルだが、スティッキーズには便利な機能が備わっていた。

 

メモの折りたたみ

メモは紙の付箋のように、通常はデスクトップ上に貼り付けているのだが、邪魔になったときは折り畳むことができる。
メモのタイトルバー部分(タイトルバーというのかどうか不明だが)をダブルクリックするか、command ⌘Mキーを押す。


元の大きさに戻すときも、折り畳んだときと同様の操作をする。

 

メモの整列

メモを並べ替えることも一瞬でできる。並べ替えの基準は、カラー、内容、日付、画面上の位置となっている。


ただし、並べ替えをおこなうと自動的にメモが折り畳まれてしまう。並べ替え直後なら編集〜取り消しか、command ⌘Zで元の状態に戻すことができる。

 

メモの拡大/縮小(最大化)

メモの大きさは通常のウィンドウと同様に、四辺四隅にマウスポインターを持っていき、ドラッグすることで可能だが、画面いっぱいに広げることもできる。ウィンドウ〜拡大/縮小を選択するか、メモ右上隅の極小のボタンをクリックすることで可能だ。この操作もトグルになっているので、もう一度同じ操作をおこなうと、メモは元の大きさに戻る。


あまり画面いっぱいにメモを貼り付けることもなかろうが、折り畳みと組み合わせてこういった使い方はどうだろう。自席に訪ねてきた人に伝言を残していってもらえる伝言板として。


触るな、といっておいて、伝言を残せと矛盾している部分については目をつぶっていただきたい(笑)

 

リストの記述

箇条書きはメモとしては非常によく使う記述法だが、スティッキーズではメニューのどこを見ても箇条書きできそうにない。しかし、キーボードショートカットで可能だ。

option ⌥tabを押すと箇条書き開始。以降、returnを2回押してリストを終えるまで、行頭に記号が付加される。
インデントを増やしたい場合は、tabキーを、減らしたい場合はShift ⇧tabを押す。

行頭記号は選択可能で、作成したリスト項目上で右クリックをすると、「リスト…」という項目が出てくるので、それをクリックする。


このように括弧付き数字を作成することも可能。

 

メモは縦書き対応

なんとスティッキーズのメモも縦書き対応だった。
メモ上のどこでも良いので右クリックしてコンテキストメニューを表示すると、そこにレイアウトの方向という項目があり、横、縦を選択できる。


さすがにリスト項目の数字は縦向きにならないらしい。

 

以前から何となく使ってはいたスティッキーズだったが、今回詳しく調べてみて、かなり使い勝手の練り込まれた良アプリであることがわかった。しかもちゃんとOSの進化とともに改良が重ねられている。さりげないけれどもパワフルなツール、スティッキーズ。みなさんも使い込んでみてはいかがだろうか。

そうそう、スティッキーズも、他のアプリ同様、それぞれのメモウィンドウをSpacesの各画面に運んでいくことができるので、デスクトップごとに用途を決めて使っている人にもオススメ。