MacでWMVビデオを再生する [entry-title]

ネットで公開されている動画の形式にはいろいろある。なんで統一されないのか、よくわからないが、何かと不便この上ない。しかもOSによって標準でサポートされる動画形式が異なっているのもなんだかな気分だ。

YouTubeなどの動画は現状FLV形式で公開されているし、Yahoo!のニューストピックで見られる動画にはSilverlightなども見られる。どちらもMacでは標準で再生できない形式で、それぞれ専用のコーデックをインストールする必要がある。YouTubeの方はFlashプレイヤーをAdobeから、SilverlightはMicrosoftからそれぞれ配布されていて、その形式の動画を含むページをブラウザーで表示すると、インストールを促されるので何となく再生できてしまうが、中にはそうでないものもある。

Windowsで標準の動画形式とされているWMV(Windows Media Video)形式のファイルだ。

最近Macがコンピュータのシェアをジワジワと盛り返して来たといっても、いまだ世の中はWindows真っ盛りなのは間違いない。当然使われる動画形式もQuickTime形式よりはWMV形式の方が多くなるのは必然だ。

多く使われている形式が再生できないのは、とても不便で、この点やっぱりAppleの頑固さと言うか、なんとというか、ともかくAppleを恨むしかないのがMacユーザーかもしれない。まあ、ただの頑固だけが理由ではないのかもしれないけれど…。

世の中、やっぱり誰しもそう思うようで、OSがやらないなら俺がやる、という人がいるようで、便利なものを公開してくれていたりする。それが「Flip4Mac」というソフトで、こいつはインストールするだけで通常意識することなく、まるでハナから標準で対応していたかのように、WMV形式の動画を再生してくれる。もはや定番と化している超有名ソフトと言っていいだろう。

使い方は超簡単で、ダウンロードしてインストールするだけだ。アプリケーション・フォルダにファイルが追加されるが、通常これらを起動することはない。あとは何もすることがない。ブラウザー上で見るのも、ファイルを再生するのもQuickTimeのファイルを再生するのと変わらない。

なんだ、MacではWMVファイルは見られないのか、とあきらめる前に、インストールしておいて損のないソフトだ。ちなみに、再生のみで利用する場合は無料で、WMVファイルの編集をしたいという場合は有料版を購入する必要がある。