VirtualBoxでMacにWindows8をインストールしてみた:その2

VirtualBoxでMacにWindows8をインストールしてみた:その2


前記事からの続きです。


仮想マシンが出来上がったところで、さっそくWindows8のインストールを始める。まずは仮想マシンの起動から。

仮想マシンを起動させると、OSが入っていない状態なので、OSのインストールをおこなうための初回起動ウィザードなるものが表示される。

最初は能書きなので、とりあえず続ける。

次にどこからOSをインストールするかと聞いてくるので、ダウンロード済のISOイメージファイルを指定しなければならない。必ずダウンロード時にはファイルのパスを覚えておくこと。通常MacでSafariを使ってダウンロードしたら、ダウンロードフォルダに保存されているはずなので、参考にされたい。

ファイルの選択画面で間違いなくISOイメージファイルを指定する。(スクリーンショットはクラウドの同期によって得られたファイルなので、ファイル名に余計な括弧付けがされているが、通常は最後は「Japanese」でファイル名が終わっているはずです。)

選択し終えたら「続ける」ボタンをクリックして処理を継続する。

仮想マシンの起動を促す表示に遷移する。「起動」をクリックする。

起動するとWindowsのセットアップ画面が表示されるので、このまま進んでいく。私の環境だけかもしれないが、仮想マシン内では、トラックパッドでのクリックに当たるタップが、タップ後マウスポインターを少しずらさなければ認識されなかった。

この画面ではもちろん「今すぐインストール(I)」をクリックする。

セットアップが開始される。味気ない画面だなぁ。

ここでプロダクトキーの入力を求められる。ダウンロード時に表示されていたキーを入力する。メモし忘れた人はもう一度確認しにいくこと。

プロダクトキーが通るとお約束のライセンス条項。同意しないと話にならないので、「同意します(A)」をクリックしてチェックボックスにチェックを入れてから、「次へ(N)」をクリックして継続する。

インストールの種類を選択する画面では、下の「カスタム」を選択する。上のオプションは既に前のバージョンのWindowsがインストールされている場合のみ。

ドライブの選択画面。仮想マシンを作成したときに確保した容量のドライブが表示されているので、そのまま「次へ(N)」をクリックしてよい。

これでWindows8のインストールが開始される。途中何度か再起動がかかる。真っ黒の画面で少々不安になる場面もあるが、待てば海路の日和ありということらしい。

めでたく下のような画面が表示されれば、Windows8はインストールされている。あとはWindows側の設定を進めていくことになる。

粛々とWindowsの初期設定を進めていき、表示されるスタート画面。んー、個人的な感想にはなるが、なんかちゃちい…。

通常、VirtualBoxではゲストOSに、VirtualBox Guest Additionsをインストールするのだが、私の環境でインストールしてみたら、えらく動きがモッサリしてしまったので、インストールしない方がいいかもしれない。ちなみにインストールは、メニューバー(VirtualBoxのメニュー)の「デバイス(D)」からおこなう。

Guest Additionsをインストールしてみたものの、あまりにモッサリしすぎてまともに動かないので、アンインストールしようとしたが、上のデスクトップ画像を見てわかる通り、従来のスタートボタンもないし、コントロールパネルがどこへ行ってしまったのかもわからず、現在放置したままとなっている。インストールした意味ねぇ…。

 

2012/06/30 追記

この記事を書いてから、たまたまmutaさんのWebサイト「muta’s mac scribbling」で、同じようにWindows8を仮想環境で使用した記事を見つけた。mutaさんの方が早い日付となっているので、真似っこしたような形になってしまったが、mutaさんはVMWare Fusionで使用されている。

インストール方法の詳細はもちろん、私の記事では書ききれていないWindows8の使用感なども書かれていて、大変参考になるので、以下からリンクしておく。

VMWare FusionにWindows8をインストールしてみる~割といいじゃないWin8