VirtualBoxでMacにWindows8をインストールしてみた:その1

VirtualBoxでMacにWindows8をインストールしてみた:その1


突然思い立って次期Windows、Windows 8を使ってみようと、VirtualBoxを使ってインストールしてみた。

以前、Developers Preview版でやってみたときは、VirtualBox側が対応していなくて、Windows 7の設定で無理矢理インストールしていたが、あれからVirtualBoxも何度かバージョンアップし、今ではWindows 8用のセットも用意されている。

以下、手順を書いていく。

まず、何はなくとも、VirtualBoxとWindows 8は手に入れなくてはならない。VirtualBoxはダウンロードページから自分が使用しているOSに合わせてダウンロードする。ここでWindows版のVirtualBoxを使えば、Windows 7なり、XPなり、とにかくWindows on Windowsということも可能だ。

ダウンロード後のインストールは、通常通りシャンシャンと進める。何も問題ないはずだ。

次にWindows 8のプレビュー版を手に入れる。これもダウンロードページから手に入れるが、VirtualBoxにインストールする場合は、ISOイメージの方を入手する。公式に配布されているので問題なし。

ここで注意するのは、32bit版を入れるか、64bit版を入れるかだが、どちらでも変わりなかろうと思い、私は64bit版を入れてみた。Windowsは8でもやはり各言語に分かれているのだろうか。蛇足ではあるが、言語も間違いなく選択する。結構な容量(3GB超)があるのでダウンロードには多少時間がかかる。ダウンロードしたISOイメージファイルのパスは覚えておくこと。

これだけでインストールの準備が整ったので、早速インストールを開始する。VirtualBoxを起動し、「新規(N)」のアイコンをクリックして、作成ウィザードを表示する。

ごあいさつの表示は当然「続ける」ボタンをクリックして先に進む。

仮想マシンの名称とOSを選択する画面が出てくるので、適当な名前を付けて、OSタイプは間違いなく、Windows 8を選ぶ。同じWindows 8でも64bit版も選択肢内に隠れているので注意したい。

次に、仮想マシンが使用するメモリ量を決定する。仮想マシンを起動させると、ここで決めたメモリ量を仮想マシンが使用することになるので、当然元のマシンが使用できるメモリ量は減少する。自分のマシンに搭載しているメモリ量を考えて決めたい。いちおう推奨メモリサイズが表示されるので、参考にしてもいいだろう。私は4GBほどを割り当ててみた。

仮想マシンのハードディスクを作成する。今回は新規作成。もちろんこれは仮想的なハードディスクになるので、実際には一つのファイルとして物理ハードディスクには存在することになる。

仮想ディスクのタイプだが、他の仮想化アプリケーションと仮想ディスクを共用する必要がない場合は、特に変更せず、VDI(VirtualBox専用のディスクタイプだと思われる)を選択しておいていいだろう。その他ごにょごにょしたい人は適宜選択すればよろし。

仮想ディスクは可変サイズタイプと固定サイズタイプを選べる。可変とは、後ほど決定する仮想ディスクの上限値に達するまでは、そのOS(ゲストOS)で使用しているだけのサイズですませてくれるタイプで、たとえば40GBを上限と設定した場合、ゲストOSが20GBしか使用していないならば、仮想ディスクのファイルサイズは約20GBになる。それに対して固定タイプでは40GBとしていしたらきっちり40GB取られる。どちらにどういうメリットがあるのか、ハッキリしないのだけれど、可変を推奨しているという情報もあったので、私は可変タイプにした。説明書きを読んでみると固定の方が速いよ、なんて書いてあるけれど、どの程度速いのかは私もわかりません。

ここでサイズを決定する。一旦作成してしまってからサイズを増量するのは、とても面倒な操作を要するので、よく考えて決定すること。

最後に概要が表示され、それに続くご丁寧な確認画面で、「Create」ボタンをクリックすると、Windows 8をインストールするためのハコが出来上がる。

仮想マシンが出来上がると、VirtualBoxのメインウィンドウに表示される。

さて、いよいよWindowsのインストールだが、長くなりそうなので、続きは次回に(笑)