Macアプリ:Launchpad-Control

Macアプリ:Launchpad-Control


少し前から「Launchpad-Control」という環境設定パネルを導入しています。

LaunchPadは、特にMagic Trackpadを使っていると、スッと4本指でつまむようなジェスチャーをすると起動して、目的のアプリのアイコンをクリックするだけでいいので、非常に便利に使っています。

しかし、いくつかアプリをインストールしていると、よくわからないアプリアイコンが表示されたり、同じアプリのアイコンがふたつ表示されたり、アプリアイコンとアンインストーラーのアイコンが同じだったりして、なんだかなぁ、という気分になることもしばしばでした。

このLaunchpad-Controlは、そんなLaunchPadのアプリアイコンの表示したりしなかったりを、自分で選べるようになります。インストールは簡単で、ダウンロードしたファイルを実行するだけで、環境設定パネルとして追加されます。

設定も至ってシンプルです。表示させるものはチェックしておき、表示させないもののチェックは外す。それだけです。私は、上記の変なものと、Dockに表示しているものは表示しない設定にしてあります。

こないだまではバージョン1.60だったのですが、つい先日バージョン1.61になりましたので、これを機会にご紹介しておきます。バージョンアップの通知がちょっと変なのはご愛嬌ですかね。