Macアプリ:click.to(定型的なコピー&ペーストを簡単に) [entry-title]

Webサイトを見ていて、このフレーズいいな、この文章とっておきたいな、ということがよくあります。Webサイトに限らず、いろいろなところでコピーして貼り付ける場面が多くあります。

使い方というのは、その人なりに結構決まったやり方があって、コピー・ペーストのパターンも決まっていたりします。例えば、文章をコピーしてツイートすることが多い人、テキストエディタに貼り付けることが多い人なんかは結構いるのではないでしょうか。

「click.to」はそういった定型的なコピー&ペーストを簡単にしてくれるアプリです。

まずはダウンロードしてインストールします。アプリを起動するとオープニングの画面が開きます。

最初の画面では、Macの起動時に自動的にclick.toを起動するかどうかの設定ができます(左下のチェックボックス)。

次に、連携するサービスやアプリケーションを選択します。デフォルトでは、Google、Facebook、Twitter、メール、テキストエディット、Wikipedia、Evernoteが選択されています。私はGoogleマップも加えてみました。

command ⌘+Cを押したときに表示されるメニューの位置を選択できます。デフォルトではマウスポインターの上です。

使い方のビデオを見ることができます。

簡単な使い方ですね。

あとはテキストやファイルを選択して、command ⌘+Cを押すと、最初に選択した位置にアイコンが表示されますので、それをクリックするだけです。Googleをクリックするとブラウザーが起動して検索結果が表示されます。

FacebookやTwitterを選択すると、最初はアプリの連携許可を求める画面が表示されます。ここで連携の設定をしておくと、次回からは即座に投稿されます。

また、メニューバーに表示されるアイコンをクリックして表示されるメニューから、preferenceをクリックして設定画面を表示すると、任意のアプリケーションをアイコンメニューに追加することもできます。

定型的な作業が簡単になるのはいいことですね。