Macのファンクションキー


キーボードにはいろいろなキーがありますが、その中でも文字を入力するためではなく、もっぱら何らかの機能を実行するために用意されているのがファンクションキーです。

もちろんMacにもファンクションキーがありますが、買ってきたそのまま、デフォルトの状態ではWindowsマシンと同様のファンクションキーとしては機能しません。下の写真のファンクションキー部分に絵文字で印字されているような、Mac独自の機能を割り当てられています。通常のファンクションキーとして機能させるときにはfn+F8などのように、fnキーと併用します。

画面輝度、Mission Control、LaunchPad、キーボード照明の明るさ(MacBookのみ)、iTunesの操作、ボリューム調整などですが、これらが結構便利で私はそのまま使っていますが、WindowsからMacに乗り換えた人や、会社ではWindowsマシンを使用していて、自宅はMacで、という人などは一般的なファンクションキーとして利用できた方がいいかもしれません。

Mission ControlやLaunchPadなどはトラックパッドのジェスチャーで表示できますし、iTunesの操作もメニューバーからできるようにするフリーソフトがたくさんあります。

ファンクションキーをMacの独自機能ではなく、通常通りのファンクションキーとして利用するには、環境設定からキーボードの項目をクリックし、該当項目をチェックするだけで簡単におこなえます。

このように設定した場合は、デフォルトと逆で、画面輝度などの調整の場合にfnキーと併用することになります。