単語登録で日本語入力を快適にしよう

単語登録で日本語入力を快適にしよう


WindowsからMacに乗り換えて一番最初に「ん?」と思ってしまうのが、文字入力ではないでしょうか。

日本語入力プログラムはMac用にもいくつかの選択肢があります。とはいえ、現実的にはMac標準の「ことえり」以外だと、ATOKかGoogle日本語入力になるでしょう。あいにく私はどちらも使ったことがありません。まあ、ことえりでほぼ満足しているからです。ことえりも昔ほどバカではありませんし、普通に日本語を入力する分には全然問題がありません。

いまとなってはWindowsの頃に使っていた日本語入力の設定やキー操作などを忘れてしまっているのですが、だいたい同じようなキー操作で入力することができます。大きく違うところでいうと、小さな文字(ぁ、ぃ、ぅ、ぇ、ぉ、ゃ、ゅ、ょ、など)は、L+Y+O(小さな「よ」)ではなくて、X+Y+Oと打つことくらいでしょうか。それとて、設定で変更することができますから問題なしといえば問題なしです。

それよりも、これはMacに限らずですが、快適に文字入力をおこなうために私が実戦しているのは、「マメに単語登録をおこなう」ということです。変換できない単語が出てきたとき、思ったとおりの文字で変換できないとき、その場ですぐに単語登録をしてしまいます。たとえ、その場でしか入力しないかもしれないと思った単語でもやっておきます。そのときはそう思っても、その文章を訂正したりする必要に迫られたとき、再び変換できない単語が出てくるとイライラするからです。

というと、しょっちゅう単語登録をしているように思うかもしれませんが、一般的な文章を打つなら、それほど単語登録の機会は多くありません。ですが、単語登録のやり方がわからないからといって、やらないとあとから面倒です。

パッと単語登録をするには、単語登録のキーボードショートカットはぜひ覚えておくべきでしょう。

control+Shift+N

変換できない単語が出てきたら、すかさずこのキー操作で単語登録をしてしまう。面倒と思うかもしれませんが、癖づけてしまうとせずにはおれなくなるくらいに文字入力が快適になりますよ。

まったくのついでで蛇足ですが、MacにはWindowsでいうところの「delete」キーと同じ役割をするキーがありません。同じ表記のキーはあるのですが、機能としてはWindowsでいうところの「BackSpace」キーと同等です。これで戸惑う人も多いようなのですが、Macで「delete」キーと同等の機能を実現するには、fn+deleteを押します。これでキャレット(カーソル)の右側の文字を削除できます。