サクサク・キーボードショートカット:その2 [entry-title]

まったくひどい風邪にやられたもので、この1週間というもの、ろくに活動できていない。一度は復活かと思ったものの、再びダウンして、やっと週明けの今日活動が再開できたというわけで、いまだにグズグズと愚図ってはいるが、そうそう長期に渡ってじっとしているわけにもいかないし、自分自身も退屈してくるので、ボチボチとまずは元通りを目指して頑張ろう。

さて、今回のエントリーはこの間「その1」と題してあげたキーボードショートカットの第2弾。基本的にはMacな人なので、Macのキーボードショートカットを取り上げたいが、せっかくなので、やっぱり今日もWindows用の操作も併記しておきます。

今日はMacとWindowsの両方で使われているオフィスソフトである、Microsoft Excelを取り上げます。Microsoft Officeといえば、Wordもよく使われるアプリケーションソフトではあるけれど、Wordであまりキーボードショートカットが便利だな、と感じることが少ないので、Excelにしてみました。コピーや貼り付けなどの基本的なキーボードショートカットは前回のものがそのまま使えるので省略してあります。今回はExcelに特徴的なもののみを紹介してあります。

ちなみに私が使用しているExcelは、Mac版がMicrosoft Office 2011。Windows版はMicrosoft Office 2010、および2007。

Microsoft Excelの操作に関するキーボードショートカット

操作 Mac Windows
セルの編集 control+U F2
セルの書式 command ⌘+1 Ctrl+1
上のセル内容をコピー control+D Ctrl+D
今日の日付を入力 control+;(セミコロン) Ctrl+;(セミコロン)
現在の時刻を入力する command ⌘+;(セミコロン) Ctrl+:(コロン)
直前の操作の繰り返し command ⌘+Y F4
印刷プレビュー command ⌘+P Ctrl+F2
プリント(印刷) command ⌘+P Ctrl+P
列を非表示にする control+0 Ctrl+0
検索 command ⌘+F Ctrl+F
太字にする command ⌘+B Ctrl+B
斜体にする command ⌘+I Ctrl+I
下線を引く(罫線でない) command ⌘+U Ctrl+U
選択したセル範囲にすべて同じ文字列を入力する control+return Ctrl+Enter

さすがにExcelはMicrosoft社製だけあって、キーボードショートカットの組み合わせもWindowsのほうが自然な感じがします。Macの方はcommandキーとcontrolキーを間違えそうになります。

Excelを使っていると、数字を入力していることが多いですからキーボードから手を離したくない場面がたくさん出てきます。特に表の作りはじめとか、入力するべきデータがたくさんあるとなおさらです。そんなときにはこうしたキーボードショートカットが便利ですよね。

みなさんもちょっと意識して使ってみてください。