スクリーンショットにマウスポインターを含める

スクリーンショットにマウスポインターを含める


スクリーンショットに関するエントリーを書いたあとに、ふとMacにはもうひとつスクリーンショットのためのツールがあったことを思い出した。

アプリケーション〜ユーティリティ・フォルダに入っている「グラブ」というやつだ。これはMacに標準でついているアプリケーションなので、普通にどのMacにも入っているはずだと思うが、ユーティリティ・フォルダは少々アクセスが面倒ということもあるので、SpotLight(Control+スペース)で、「グラブ」もしくは「grab」と入力すると簡単に見つけることができる。

グラブにはそれ自身のウィンドウがない。だから起動後はメニューバー上にささやかに自己主張をおこなう。

グラブのスクリーンショットの特徴は、マウスポインターを好きな形状でスクリーンショットに含めることができるという点だ。ポインター形状は、グラブの環境設定からおこなう。環境設定はポインター形状の選択とサウンドのオンオフだけのシンプルなものだ。


大方の予想通り、キャプチャは「取り込み」メニューからおこなう。一応キーボードショートカットもつけられているが、これはシステムで予約されたショートカットキーではないので、グラブ自身がアクティブになっていないと有効にはならないキー操作だ。ちなみにタイマーというのは10秒後に撮影されるもので、メニューを開いた状態のものを撮りたかったり、MissionControlの画面を撮ったりするのに使えそうだ。

きちんとヘルプも用意されている。とても簡潔にまとまっているヘルプなので、全部読んでも時間はかからない。

先日紹介したスクリーンショット機能と違って、勝手には保存しないので、自分で保存する操作が必要だが、画像ウィンドウはいくつも持つことができるので撮り溜めはできる。

ひとつだけ難点を言えば、このグラブで撮ったスクリーンショット画像は、TIFF形式でしか保存できないことだ。