スクリーンショットを撮る

スクリーンショットを撮る


デスクトップがゴチャゴチャと散らかるのがあまり好きでない。いつもスッキリ過ぎるくらいにスッキリ片付けていたいタイプだ。なので私が使用しているMacのデスクトップはほぼ何もない。

こうやってデスクトップやアプリケーションのウィンドウをスクリーンショットでおさえる機会は、こんなブログをやっていると結構頻繁にある。ソフトの操作マニュアルを作成している人なんかは、年がら年中スクリーンショットを撮っているのではないだろうか。

Windowsを使っているときはスクリーンショットを撮るのに結構苦労した。いや、撮るのはそう大変じゃない。撮影したものを使えるようにするまでが大変だった。

ちなみにWindowsマシンでは、PrintScreenキーでデスクトップ全体、Alt+PrintScreenでアクティブなウィンドウをキャプチャできる。このキャプチャ画像はクリップボードに入るので、使うにはどこかに書き出さなければならない。デスクトップに貼り付けることはできないので、ペイントなどのソフトを起動して貼り付けてから保存するという手順を踏むことになる。ただしワードなどのソフトに直接貼り付けることはできる。文字を書き込むなどの加工は、貼り付けた先のソフト上でおこなうことになる。

このWindowsのスクリーンショットで、私にとって何より不便だったのは、撮り溜めることができないという点だった。クリップボードに入る以上、これは不可能だった。

Macを購入してスクリーンショットの機能を体験したときには感動した。「なんだ、これだけのことじゃないか。」とコロンブスの卵を見たような気がした。Macにしてしばらくはこういうことが多かった。

Macではスクリーンショットは、
command ⌘+Shift ⇧+3
 全画面キャプチャ
command ⌘+Shift ⇧+4
 ドラッグした範囲をキャプチャ
command ⌘+Shift ⇧+4を押してからさらにスペース
 クリックしたウィンドウをキャプチャ
となっている。

このスクリーンショットはデフォルトでデスクトップに保存される。保存したくなくても保存されるわけだが、この仕様のおかげでスクリーンショットの撮り溜めができる。

このデフォルトの保存先を変更するには、ターミナルからコマンドを打ち込むか、そういったツールを使ってやるしかないのだが、このままでも十分私には使える。