Macのススメ 001:マルチタッチジェスチャー


Macの魅力を語るとき、OS Xなどがクローズアップされることが多いが、私としてはマルチタッチトラックパッドをイチオシしたい。

古くは2本指でタップ=右クリック(コンテキストメニュー表示)、2本指でスワイプ=スクロールに始まって、いまや5本指でも認識し、その操作性の向上は甚だしい。

経験のない人はよくわからないかもしれないが、マルチタッチジェスチャーはすこぶる快適な操作性を提供してくれる。私は今やこれなしでは生きていけない、というと大げさすぎるが、そのくらいに快適だ。

どのような操作があるかは、設定項目を見てもらうのが一番早い。この設定画面も秀逸な出来で、右側に動画で操作方法が表示され、非常にわかりやすくなっている。

これらのジェスチャーで、Mac特有のLaunch Pad、Mission Controlなどを操作すると、知らない人にはまるで魔法のように見えるのではないだろうか。

さらには、このマルチタッチジェスチャーを拡張してくれるフリーソフトを組み合わせて、トラックパッドで非常に多くの操作を実現することができる。そのようなソフトは複数あるが、定番と言えるのは「BetterTouchTool」というソフトだ。BetterTouchTool の使い方については別のエントリーで。