府営住宅 [entry-title]

先日の記事で書いたように、継続して撮影している府営住宅の建て替え工事を撮りに行ってきた。というよりは、私の実家を訪ねるおりに撮影しているので、どちらかと言えば撮影の方がついでになるかもしれない。

重機が入るようになってからは、エリアを高い塀でかこってしまい、接近しての撮影はおろか、撮影ポイントさえ決まってしまっているので、まったく絵面も変化に乏しく面白くない写真ばかり量産している感がある。

撮影のためにエリア外周を一回り歩くのだが、今日は落とし物がやたらと目につく日だった。エリアと言っても狭いもので、おおよそ15分〜20分ばかり歩くだが、それとて写真を撮りながら歩くからかかる時間で、普通に散歩で歩けば7、8分〜10分程度の距離だ。

その距離に4つも落とし物が見られた。人とは、とかく何かを落とすものらしい。

 

まあ、落としても見つけられるようなものならまだいいか…。